ゴルフ練習場での練習の仕方について

ゴルフ練習場ゴルフを始めた当初からアプローチの練習はもっぱら打ちっぱなし練習場でした。
これは今でも変わらないことですが、昔と違ってその内容が大きく変わったことがあります。

それはピンを狙わないことです。
練習場には30ヤード、50ヤード、100ヤードにピンを立ててアプローチの練習が出来るようになっている場合が多いと思います。

私も、当初はピンを目がけて打ち、より近くにボールが止まるようにスイングの練習をしていました。

しかし、今はボールが転がってピンに寄るようにボールのキャリーを調整しています。

なぜなら、本番のコースラウンドでアプローチをピンデッドに狙えば必ずオーバーしてしまいます。

当然ですね。プロのようにバックスピンでピタリと止まるボールなんて打てないのがアマチュアゴルファー。ましてや、ゴルフ練習場のようにフラットなライから打てるのが珍しいのがコースですからスピンが効いてピタリと止まるわけないのです。

ゴルフ練習場ではオーバーに打つことを繰り返し練習していたことになります。
これじゃ~、スコアアップするはずもありませんね。

では、どうすればよいのか、ですが。
これは言うまでもなく、ピン手前に落として転がり寄せることです。

転がりの距離はクラブの番手で違いますし、ボールのライによっても変わります。
それと、ボールをセットした位置でも違います。

これこそがゴルフ練習場で、その場面をイメージしながら練習する意味があります。

それ以外にも、アップローチは自宅でも練習可能です。
特に、レッスン教材を見ながら練習するのは効果的でしょう。

ただ、どんな教材でも良いかといえば、もちろん違います。
自分に合ったもでなければなりませんが、沢山ありますので迷うことでしょうね。
おすすめは「シニアゴルフ飛距離アップのポイント!ヘッドスピードアップのコツ」です。我々シニアやゴルフ初心者、女性ゴルファーに人気のゴルフレッスン教材をです。