ゴルフ練習場での練習の仕方について

ゴルフ練習場ゴルフを始めた当初からアプローチの練習はもっぱら打ちっぱなし練習場でした。
これは今でも変わらないことですが、昔と違ってその内容が大きく変わったことがあります。

それはピンを狙わないことです。
練習場には30ヤード、50ヤード、100ヤードにピンを立ててアプローチの練習が出来るようになっている場合が多いと思います。

私も、当初はピンを目がけて打ち、より近くにボールが止まるようにスイングの練習をしていました。

しかし、今はボールが転がってピンに寄るようにボールのキャリーを調整しています。

なぜなら、本番のコースラウンドでアプローチをピンデッドに狙えば必ずオーバーしてしまいます。
続きを読む →